ひがしいりき・のぶひろ●1974年早稲田大学理工学部卒業、日本鉱業(現JXホールディングス)入社。99年イスラエルのオルボックディスプレイパシフィック社長。2014年JOLED社長。17年4月JDI副会長、同6月21日会長兼CEOに就任予定。(撮影:今井康一)

――ジャパンディスプレイ(JDI)の社長を打診されたときの気持ちは。

正直言って驚いた。ただ、(自分が社長を務めている)JOLED(ジェイオーレッド)についていろいろ考えた結果、最終的に引き受けなくてはいけないと思った。どこまでできるかはわからないが、最大限力を尽くす。1人でやるわけではなく、(その後JDIの社長を続投することになった)有賀(あるが)もいるし、優秀な連中もたくさんいる。彼らが力を発揮できるようにしていけば、おのずと道は開けると思っている。

部長クラス以上にメッセージ

――JDIをどう変えていきますか。

まず儲かる体制にしなければならない。どうやるかは少し時間が欲しい。(社長人事発表直後の)3月23日に私のメッセージを部長クラス以上の195名に発信した。「外から入ってくる人間に対して、わが社JDIの企業文化と社風を100文字以内で説明せよ」「その中で残したいもの、変えたいものは何か」といった質問を出した。役員クラスには、「自分がCEOに就任するなら、どんな手を打つか、戦略のポイントを3つから5つ挙げよ」という問いも投げた。

――どんな課題が見えましたか。

大きく4つぐらいある。経営者の振る舞いの問題、選択と集中が不十分なために生じた問題、(ソニー、東芝、日立系の)3社が統合したものの1つのJDIになれていないことの問題、残りは個別の具体的な問題といったところ。結果をエクセルで円グラフにして、アンケートに答えた人全員へ、近々に配る予定だ。