医学部の最高峰「東大理Ⅲ」で合格者の6割超を生み出す驚異の予備校がある。東京代々木駅前。大小の予備校がひしめくエリアで「東大受験指導の名門」をうたい、予備校業界で近年ひときわ存在感を発揮している鉄緑会だ。

驚くべきはその合格実績。「首都圏で東大理Ⅲに受かる人はほぼ全員が鉄緑会でしょう」(冨田賢太郎会長)と豪語するのも大げさではない。今年の入試では、東京大学理科Ⅲ類の合格者98人のうち、最終合格者ベースで63人(東京校39人・大阪校24人)を合格させた。現役合格率は8割を超すという。

鉄緑会とはどのような予備校なのか。

設立は1983年。当時の東大生数名が中心となって発足した。鉄緑会の鉄は東大医学部の同窓会組織「鉄門倶楽部」、緑は東大法学部の学生組織「緑会」に由来している。原則、中学1年生から入会し、6年間かけて超難関大学の合格を目指す。

医学部専門予備校2大予備校東大理Ⅲ合格者を独占する鉄緑会。講師の大半は現役東大生

鉄緑会は一部の学校から入会試験免除で生徒を受け入れる「指定校」制度を設けているのが特徴だ。現在の指定校は、開成や桜蔭、筑波大学附属駒場など中高一貫の名門13校。こうした難関中学生は入会資格があると判断する。「指定校以外からの生徒を排除しているわけではないが、そういう生徒を主な対象にしているというメッセージ」(冨田氏)だという。