「ナイス・トゥー・ミート・ユー(はじめまして)」

初夏を思わせる陽気の金曜日の午後、ニューヨーク・マンハッタン5番街のカフェで、ジュリエンヌ・エドワーズさん(28)は、そう言って、ほほ笑んだ。

がんの再発リスクと闘うジュリエンヌ・エドワーズさん(撮影:Misako Hida)

全米有数のがん専門病院であるマンハッタンのメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターで3カ月に一度の検診を終えたばかり。明るく凛(りん)とした姿のエドワーズさんだが、実は最近、自らの病気とともに苦悩を深めていることがある。5月4日に米下院を通過した「オバマケア(米医療保険制度改革)撤廃・代替法案」(通称「トランプケア」)の先行きだ。

健康的弱者が危惧するトランプケアの行方

エドワーズさんは2015年5月にロースクールを卒業。弁護士試験を5日後に控えた同年7月のある日、猛烈な腹痛に襲われ、救急病院で6時間に及ぶ手術を受けた。26歳の若さでは珍しいステージ4の大腸がんだった。

開腹手術の結果、卵巣への転移も判明した。当時、同居中のフィアンセがいたが、大腸がんの摘出に加え、左右両方の卵巣の切除で、出産できない体になった。体のほてりなど、卵巣摘出による「更年期障害」にも悩まされた。術後の回復を待って、半年間のケモセラピー(化学療法)を開始。冷たいものを飲むと指がズキズキ痛むなど、神経障害に加え、言いようのない脱力感にも苦しんだ。

昨年春、化学療法が終わり、医者からキャンサー(がん)フリーと診断された。11月に弁護士試験に合格し、翌月晴れて弁護士に。

だが今年1月、リンパ節で転移の初期兆候が見つかる。がん細胞はまだ見られないが、発がん性活動が検知されるという。微小の肺結節も見つかった。今は様子を見ている段階だが、いつ治療の再開を告げられても「覚悟はできている」と、エドワーズさんは言う。

現在は、手術後に結婚した会計士の夫と、米東部メリーランド州ボルティモアの郊外で暮らしている。5月から、やはり同州の弁護士である母親の法律事務所で本格的に働き始めた。

そんなエドワーズさんは、トランプケアが実現することにより、医療保険料の負担が急増することを懸念している。