2010年2月、私はカナダのバンクーバーにいた。オリンピックの日本選手団を警護するためである。女子フィギュアスケートで浅田真央選手が韓国のキム・ヨナ選手に敗れ、銀メダルとなった、あの大会だ。

開催期間も残すところわずかとなったある日、日本オリンピック委員会主催のパーティに関する調整会議が行われた。このパーティは国際オリンピック委員会の大物や地元のVIPらを招待するもので、私は不審人物を侵入させないことや爆破テロなどの阻止、VIP到着時の警護を担当していた。

当日は地元警備会社の警備員十数名が私の下に配置されることになっていたため、調整会議には警備会社の副社長が参加した。私はそこで副社長に警備要領を説明するよう言われていた。

説明は4項目に絞った。