「森友に続いて、こんどは加計か」。自民党の中堅議員が嘆いた。

安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園が愛媛県今治市に設立する予定の大学の獣医学部をめぐって、「総理のご意向」という指示が内閣府から文部科学省に伝えられたとする文書が明らかになり、政権を揺さぶっている。

森友学園の問題では、首相夫人の昭恵氏が名誉校長を務めていた小学校の建設予定地として国有地が値引きされて払い下げられ、官僚たちの「忖度(そん たく)」があったのかどうかが焦点となった。二つの疑惑から浮かび上がるのは、安倍首相の「一強」政治の中で政策が歪められていないかという疑念である。