法務省の出入国管理統計によると、2015年に海外へ出国した20代の若者は253万5343人と、平成以降で過去最低を記録した。為替相場の影響はあるものの、1996年の462万9356人をピークに20年で約210万人減少している。

こうしたことから「若者の海外旅行離れ」が起こっているとよく耳にする。だが、本当だろうか。

海外旅行割合はバブル超え

まず踏まえておきたいのは、若者の人口全体も急減しているという事実である。総務省「人口推計」によると、20年前と比較して20代は約650万人も減っている。これを考慮して作成したのが、下図「海外旅行に行く割合推移」である。20代と、比較対象とした40代が、毎年集計される人口のうち何%ほど出国しているかを表している。