ドキュメント 金融庁VS.地銀 生き残る銀行はどこか

読売新聞東京本社経済部 著

ドキュメント 金融庁vs.地銀 生き残る銀行はどこか (光文社新書)
ドキュメント 金融庁vs.地銀 生き残る銀行はどこか (光文社新書)(光文社/237ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

地方銀行は空前の再編ラッシュを迎えている。「稼げなくなっている」からだ。不良債権問題の後遺症で、リスクを恐れて担保や保証に頼る融資を続けてきた結果、取引先の成長性を見極めて融資する「目利き力」が衰えてしまったと、金融庁は判定。他行も狙う優良企業に融資するしかない状況に陥っている。

森信親長官が率いる金融庁は問いかける。地銀は地元経済に貢献できているのか。このままでは顧客から見捨てられ、経営が行き詰まるのではないか。顧客の資産を増やすために全力を尽くしているのか。果たすべき役割はもっと大きいのでは。この問題意識の下で改革に舵を切る。

地銀を中心に金融界の置かれた現状と行方に迫る。