ユナイテッドアローズ

全国に約250店舗のセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」業態を展開するアパレル大手のユナイテッドアローズは、会員サービスの統合や自社サイトの一元化により来店客を増やそうとしている。

店頭で提供していた会員証であるハウスカードとECサイト上の会員情報を2016年8月に統合した。会員数は統合前の277万人から316万人(17年3月末時点)まで順調に伸びている。

新規入会者数や会員売り上げも大幅に伸びた。また、ポイントシステムの改定で既存会員の活性化も実現できたという。