ローソン

コンビニエンスストアでは毎週30〜40の新商品が登場する。店頭商品が目まぐるしく変化する中、ローソンには近年、類を見ない大ヒット商品が存在する。健康系チルド飲料「グリーンスムージー」だ。

今や1秒に1本が売れる大ヒット商品に成長したスムージー商品

2015年5月発売。1本で1食分の野菜を摂れるのが特徴で、葉野菜にキウイやリンゴなどを加え、飲みやすくしたチルド飲料だ。価格は税込み178円。シリーズ累計の売り上げ本数は8700万本を突破(17年2月時点)。今や1秒に1本が売れており、ローソンの業績を下支えする商品に成長した。

「正直、発売当初はこんなに売れるなんて誰も予想していなかった」。グリーンスムージーの開発に携わったドライ商品部の平原さやか氏はそう振り返る。発売当初から多くの店舗でスムージーは完売していたのだが、異変に気づいのは発売から1カ月後のこと。売れ筋を見定めるうえで重要な指標である「リピート率」が週ごとに伸びていたのだ。