「ハブ&スポーク」の拠点となっている埼玉県東秩父村のバスセンター

イーグルバス

少子高齢化などで全国的に苦戦を強いられている路線バス。だがその中で、大手バス会社が撤退した赤字路線を引き継ぎ、乗客数を増加させることに成功したバス会社がある。埼玉県川越市に拠点を置くイーグルバスだ。同社が採った戦略は、徹底的なデータ分析によるバス運行の「見える化」だった。

従来の路線バスはいったん走り始めると、ダイヤどおり運行されているか、どの区間で利用者が多いのかといった情報を把握することができなかった。乗客数が減少しても、どこに原因があるかわからないという問題があった。

そこで、同社はバスに客数を計測するセンサーとGPS(全地球測位システム)を搭載し、停留所ごとの乗降客数や運行時間などのデータを取得できるようにした。

このデータにより、遅延の状況や利用の少ない便・区間を可視化。対策を講じるとともに、アンケートによって把握したニーズをダイヤに反映する「ダイヤ最適化」を行い、乗客の増加を実現した。