韓国の新聞・朝鮮日報に論説委員が執筆する「萬物相」というコラムがある。韓国語の苦手な筆者は、時にウェブの日本語版に目を通すだけ、熱心な読者とはとてもいえない。それでも玩味するにつけ、お国柄がしのばれて興味津々である。

少しさかのぼった5月1日付掲載の「無知と偏見、歴代米大統領の対韓認識」という一文が目にとまった。趣旨は5月9日におわった韓国大統領選挙の直前、次期大統領に望む外交、とりわけ対米関係への姿勢であって、確かにこのあたり、北朝鮮との関係や米韓同盟の帰趨など、文在寅(ムンジェイン)新政権には大きな課題である。

無知・偏見を正してきたか

しかしコラムが論じるほとんどの部分は、むしろ米国大統領の話、その対韓認識であった。要するに、米国は何も知らない、というにあって、そんな物知らずを相手にしなければならない新大統領への警告なのである。