左派対右派の分類はもはや現代政治にそぐわない──。先日のフランス大統領選挙について、多くの評論家がそう指摘した。選挙に勝ったエマニュエル・マクロン氏が、自身は右派でも左派でもないとうたっているからだ。

だが、極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首から見れば、社会党のオランド政権で経済相だったマクロン新大統領は左派だ。

ドナルド・トランプ米大統領と同様、「一般大衆の声」を代表して選挙を戦ったルペン氏。一方のマクロン氏は、米民主党大統領候補だったヒラリー・クリントン氏と同じく、金融界やエリートの操り人形として描かれた。今も左派と右派に何らかの意味があるとしたら、それは何なのだろうか。