インテル、サムスン、TSMCの投資動向が装置業界を左右する

「非常に力強い決算だ」

2017年4月末から発表が始まった、半導体製造装置メーカー各社の16年度決算。説明会に参加したあるアナリストはそう口にした。それもそのはず。各社の決算資料には、受注や利益で「過去最高」の文字が躍った。今、半導体製造装置業界は空前の活況を呈している。

国内最大手で世界4位の東京エレクトロンは、半導体製造装置部門の売上高が前年比22%増の7498億円で過去最高を更新。6位のSCREENホールディングスも売上高、営業利益、累積受注額が過去最高となった。製造工程で生じる微細なゴミを除去する洗浄装置が、幅広い顧客向けに売り上げを伸ばした。

「過去10年になかった水準の受注だ」。半導体が正しく動作するかを試験するテスターを手掛けるアドバンテストの吉田芳明社長は、足元の活況をそう説明する。