毎年6月と11月に発表される「トップ500」は、世界で最も計算速度の高いスーパーコンピュータのランキングだ。

今年6月下旬に発表される最新順位では、中国の国家プロジェクト「神威太湖之光」(→関連記事へ)が首位を守ると予想されている。だが今回はもう一つ、注目点がある。日本の半導体開発ベンチャーが、初めてトップ3に入る可能性があるのだ。

その企業はペジーコンピューティング(東京・千代田区)。医師の資格を持つ異色の経歴の起業家、齊藤元章氏が2010年に立ち上げた。

齊藤氏が日本での起業を決めたのは、東日本大震災の影響もあるという。「スパコンは自然科学などの研究分野では欠くことのできない道具。これを作ることで国内の優れた研究者を支援し、日本の社会に貢献できる」(撮影:梅谷秀司)

スパコン向けには14年4月に参入。それからわずか1年余り後の15年6月、関連企業と作る複数のスパコンが、「電力効率ランキング」で首位から3位までを独占した。