日本の火力発電所の発電量当たりの硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)の排出量は、欧米諸国と比べて少なく、日本は大気汚染対策が進んでいる、と電気事業連合会はいう。たとえば米国と比べた場合、SOxで5分の1以下、NOxでも3分の1にとどまる。

一方、環境省による委託調査「大気汚染物質排出量総合調査」(2014年度実績)によれば、「電気業」(電力業)はSOx、NOxの排出で、それぞれ48%、37%を占める最大の排出源となっている。

[図表1]
拡大する

こうした中で、最近、大きな関心事となっているのが微小粒子状物質(PM2.5)による健康への影響だ。