ベネズエラが国営石油会社PDVSAを通じ、トランプ米大統領の就任式に50万ドル(約5600万円)を寄付していた。いかにも皮肉なニュースだ。ベネズエラほど債務不履行を繰り返してきた国はないからである。

同国の独裁政権は、さらなる債務不履行を逃れようと必死だ。最近では、米国に拠点を置く精油企業シトゴなどの重要資産を担保に、ロシアと中国から融資を受けた。

国民を窮乏させてまで、マドゥロ大統領が対外債務返済にこだわる理由は判然としない。ルーマニアの独裁者チャウシェスク元大統領が1980年代に同様のことを行ったが、深刻な食糧難や医療の窮乏を招いた結果、革命軍の手で公開処刑された。ベネズエラも独裁政権が倒れれば、同様の惨事となるのは目に見えている。