憲法記念日の5月3日、安倍晋三首相が「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と表明した。具体的な改正項目として9条を挙げ、「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方」を示唆したものだ。

護憲派の諸氏にくれぐれも申し上げたい。安倍首相は意外なほど穏健派で現実主義者だ。加えて少々「腹黒」でもある。ビデオメッセージを寄せたのは、日本会議が主催する改憲集会だったが、そういう些事にとらわれてはならない。

偏った歴史認識の持ち主であったり、森友学園に肩入れすることがあったりしても、宰相としての行動は極めて合理的だ。そのことに気づかないかぎり、左派陣営はまたも敗退を続けることであろう。