(写真:時事)

1987年2月9日のNTT(日本電信電話)上場は、それまで株投資に縁のなかった個人を巻き込んで、国民的な株ブームのきっかけとなった。

結婚資金を当て込んだ女性。退職金をつぎ込んだ中年男性。株の取得申し込みに必要だった本人確認用の住民票を、従業員から家族まで40人分かき集めて申し込んだ飲食店経営者──。当時の新聞・雑誌はそんな熱狂ぶりを伝える。

上場前年の86年10月29日に決まった売り出し価格は1株119万7000円。1株当たり純資産21万円のNTTは、アナリストの事前予測では60万〜80万円を妥当とする意見が大勢だった。大蔵省(当時)でNTT株の売却プロジェクトリーダーを務めていた松川隆志氏も、売り出し価格の高さに不安を感じた。

「入札価格に基づいて決まった価格なのだから、これで腹をくくるしかない」(松川氏)。売れ残った分は国に返却される売り出し方式を採用していた。