やまもと・こういち●1947年愛媛県生まれ。81年盛運汽船社長。91年愛媛県議会議員、93年から衆議院議員、97年環境政務次官。2016年から現職(原子力防災担当相も兼務)。(撮影:尾形文繁)

──石炭火力発電所の建設計画が相次いでいる。

2030年度の温室効果ガス26%削減(13年度比)という日本の国際公約を、守れる状況になっていない。石炭に対する世界の見方はシビアになっている。その中で石炭火力発電所を建設するのはどうかと思う。

──千葉・蘇我火力発電所の建設計画に、厳しい内容の大臣意見を出した。

これで建設を止めることはできないが、意見は言うべきだと思ったから出した。

──蘇我だけでなくほかの計画でも同じようなことになるのか。

そうだ。今の流れでは20年先、30年先でも石炭火力に対する目は厳しい。そのリスクを背負って石炭火力に投資し経営することに危惧を感じている。