千葉市臨海部のマンションで暮らす60歳代の男性は、南風が吹くたびに押し寄せてくる黒い粉塵に悩まされている。

「2~3日そのままにしておくとベランダの手すりに真っ黒なチリがこびりつく。9年前にここに引っ越してから肺気腫を発症し、今も病院通いを続けている」

石炭火力発電所の建設予定地の方角を眺める千葉市の男性。今も黒い粉塵に悩まされている

男性が見つめる南の方角には、JFEスチールの製鉄所がある。自宅からおよそ3キロメートル。その製鉄所内の遊休地に石炭火力発電所を建設する計画が突如持ち上がったことを知り、男性は腰を抜かさんばかりに驚いたという。

男性らマンション住民が、建設計画があることを知ったのは2015年秋。広島市に本社を置く中国電力とJFEスチールは翌16年11月7日、石炭火力発電所の共同開発検討に着手することで合意。同年12月19日には「蘇我火力発電所」の建設計画に関する「計画段階環境配慮書」を、経済産業相や千葉県知事、千葉市長などに送付した。

そして今年4月3日には、両社が共同出資して事業運営会社「千葉パワー」を設立。それまで「20年代中頃」とあいまいだった運転開始時期を「24年」と明確に定めた。出力は約107万キロワットと原子力発電所1基分に相当する規模だ。千葉パワーの株式の73%を握る中国電力は、蘇我火力の電気を武器に首都圏で販売攻勢をかける考えだ。