千葉市臨海部のマンションで暮らす60歳代の男性は、南風が吹くたびに押し寄せてくる黒い粉塵に悩まされている。

「2~3日そのままにしておくとベランダの手すりに真っ黒なチリがこびりつく。9年前にここに引っ越してから肺気腫を発症し、今も病院通いを続けている」

石炭火力発電所の建設予定地の方角を眺める千葉市の男性。今も黒い粉塵に悩まされている

男性が見つめる南の方角には、JFEスチールの製鉄所がある。自宅からおよそ3キロメートル。その製鉄所内の遊休地に石炭火力発電所を建設する計画が突如持ち上がったことを知り、男性は腰を抜かさんばかりに驚いたという。