北朝鮮のミサイル発射や核実験をめぐる朝鮮半島情勢を受けて、今にも日本がミサイル攻撃されるかの議論は、若干冷静さを欠いているように見える。それは、北朝鮮の挑発的行為は、すべて米国に向けたものだからだ。

北朝鮮によるミサイルや核開発は、米国と対等な立場で対話をしたいがためだ。休戦状態にある朝鮮戦争を終結させて、米国と平和条約を締結することで自分の体制を保証してもらう。それには核大国である米国とパリティ(対等)でなければならないと北朝鮮は考えており、そこには日本の存在感はない。

いきなり北朝鮮からミサイルが日本に向けて飛んでくる可能性は極めて低い。在日米軍や日本が攻撃対象になるのは、第2次朝鮮戦争が始まって国連軍が創設され、北朝鮮にとって国連軍基地となる在日米軍基地からの増援や後方支援を防ぐ必要性が高まった時点、と考えるのが軍事合理的な見方である。

イージス艦とPAC3、ミサイル防衛に対処