JR貨物の収益は構造的な要素が多い(撮影:梅谷秀司)

国鉄改革によりJR旅客会社とJR貨物が発足した。JR貨物自体が保有する路線は必要最小限に抑えられ、列車を運行する路線のほとんどが、JR旅客会社など他社が所有する路線である。旅客会社の路線を使用するにあたってJR貨物は線路使用料を支払っている。その計算方法は、まず、仮に貨物列車が走行しなかった場合の線路の保守費用を計算し、次に貨物列車が走行したことによってどれだけ保守費用が増えるかを計算し、その増加費用だけをJR貨物が支払うというものだ。これをアボイダブルコスト(回避可能経費)ルールという。たとえば貨物列車の走行で磨耗したレールの取り替え費用などだ。