JR北海道は2016年11月、「単独で維持することが困難な線区」を発表した。1列車当たり利用者が10人前後と少なく、バス転換がふさわしいとしたのが、札沼線・北海道医療大学─新十津川間、根室線・富良野─新得間、留萌線・深川─留萌間の3線区。運賃収入だけでは安全費用どころか人件費など、輸送に直接必要な費用すら賄えないという。