細谷英二(ほそや・えいじ)1945年生まれ。68年東京大学法学部卒業後、国鉄入社。民営化後のJR東日本で副社長。2003年りそなホールディングス会長。12年67歳で死去。

国鉄入社後、これは大変だと感じたのは、1981年に経理局主計第一課の総括補佐だった頃。「後がない」はずの国鉄再建計画なのに初年度から計画が狂っている。このとき、「三人組」(松田昌士・元JR東日本会長、井手正敬・元JR西日本会長、葛西敬之・JR東海名誉会長)と一緒に、改革に踏み出さないといけないと決意した。私の役割は三人組の「事務局長」。彼らが話す内容をメモにしたり資料を作ったりしていた。

その年の11月に三人組と私とで、当時の三塚博・自民党政調会長の自宅を夜中に訪ね、国鉄の労使関係や財政問題を議論する場を作ってほしいと訴えた。三塚さんは引き受けてくれて、翌年に委員会が設置された。そして私は、日中は予算作成の仕事をこなし、朝と夜は三塚委員会の裏方として資料作りに没頭した。84年夏に三塚さんが国鉄に関する政策提言の本を出した。私もデータ収集や下書きを手伝った。世の中が一気に民営分割の流れになった。