「まずは幼児教育からの無償化がスジ」

公明党 富田茂之

(撮影:尾形文繁、梅谷秀司)

教育無償化のはしりは、1999年に公明党が自民党との交渉で実現した奨学金の拡充だ。奨学金でも苦労したが、教育無償化も財源が厳しい。中長期では相続税が有望で、かつての減税を元に戻すだけで1兆円くらいの財源になる。寄付金税制を使った篤志家による基金も有力だろう。教育国債についてはまだ党内で詰めていない。

無償化は幼児教育と大学があるが、大学は行かない人との間で不公平が必ず出てくる。まずみんなが行くところを無償化するのがスジだろう。(談)