4月、最新の日本の将来推計人口が公表された。国立社会保障・人口問題研究所(社人研)が5年ごとに推計するもの。

前回12年よりも、人口減少のスピードはやや落ちたのが特徴だ。それでも総人口は2015年の1億2709万人から65年には8808万人(12年推計は8135万人)に減少、65歳以上の老年人口割合は15年の26.6%が65年に38.4%(12年推計は40.4%)へ上昇する。

人口減少ペースが緩和したのは、30〜40歳代の出生率が近年上昇していることが大きい。将来推計の前提となる合計特殊出生率は12年の1.35から1.44に上方修正された。ただ、「出生率回復は一時的」との見方がある。