[記事のポイント]

(1)価格.comや食べログなどの口コミサイトを運営するカカクコムは、営業利益率が50%に迫る超高収益企業として知られている。

(2)そのカカクコムが2017年3月期の業績予想を上場来初めて下方修正した。口コミサイトはビジネスモデルの転機を迎えている。

(3)カカクコムが直面している課題は、「炎上」への対応、「レッティ」など新興ライバルとの競争、第3の収益柱となる事業の育成だ。

 

新しい家電を買う、引っ越しをする、飲食店や美容室を予約する……。生活のあらゆる場面の情報収集で当たり前に活用されるようになった口コミ・比較サイト。そのビジネスを取り巻く環境に“異変”が生じている。

兆候は今年2月、口コミビジネスで成長を遂げてきたインターネット企業・カカクコムの決算に現れた。同社は2017年3月期の第3四半期決算発表時に、通期の業績予想を下方修正したのだ(図表1)。

[図表1]
拡大する

営業利益率はなおも50%に迫り、業界の中でも“超”がつく優良児であることに変わりはない。が、03年の上場以来初となる下方修正と成長鈍化の兆しに市場が強く反応。修正発表後、カカクコムの株価は約30%下落し、現在も低水準のままだ。

誤算が生じたのは主力事業である価格比較サイト「価格.com」。得意カテゴリーのデジタル機器、家電などの販売市場が低迷し、そのあおりを受けた。ネット通販業者などの同サイト掲載店から、クリック数や販売誘導実績に応じて受け取る手数料収入が想定を下回った。タイアップ記事の作成などでメーカーから受け取る広告収入も振るわない。

これまでは外部環境が冷え込んでも、サイト内の機能を改善することなどで2ケタの利益成長を続けてきた。だが今回は1ケタの利益成長に鈍化した。「これに取り組めばまた伸びるという、明確な改善点が見えづらくなってきた感がある」(クレディ・スイス証券の米島慶一マネージングディレクター)。