トヨタが新工場を建設する場所の近くに州政府が設置した巨大な看板。「ようこそ」とある

BIENVENIDA(ようこそ)──。

メキシコ最大の自動車製造拠点であるグアナファト州。その東部の道路沿いには「TOYOTA」と書かれた巨大な看板が設置されている。そこから車で数分走ると、重機がうなりを上げ、砂ぼこりを立てながら広大な土地の造成を進めていた。もともとトウモロコシ畑だったこの場所が、トヨタ自動車の新たな生産拠点になる。

造成が進むトヨタの広大な工場建設予定地。今年の夏から建屋の工事も始まるもようだ

今年1月初旬、豊田章男社長が「工場建設をひとたび決めた以上、雇用と地域への責任がある」と発言したところ、大統領就任前のトランプ氏が、「NO WAY(ありえない)!」とツイッターでトヨタを名指しで批判。「米国に工場を作らないなら、高い国境税を払え」とつぶやいたことで、にわかに注目を集めた投資案件だ。

2000人どころか1万人の雇用を期待

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP