トヨタグループの再編が加速している。キーマンはアイシン精機の伊原保守社長だ。トヨタ自動車で副社長まで務めた伊原氏に今後のケイレツのあり方などを聞いた。

アイシン精機 社長 伊原保守 いはら・やすもり●1951年生まれ。75年京都大学法学部卒業、トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。2011年取締役。13年副社長。15年6月から現職。(撮影:永谷正樹)

──トヨタから手動変速機をアイシン・エーアイに移管したほか、シートやブレーキ、ボディなどもグループ内で集約化しています。

狙いは競争力をつけることだ。現在の敵はグループ内ではなく、世界だ。世界と戦うときに日本連合軍のようなものを作って、ある程度まとめてやりましょう、というのが今回の事業再編だ。これまでのような単品の提案ではなく、(部品をまとめた)システム提案、場合によっては自動車メーカーが決めることを部品メーカー側から提案しないと、お互いに将来はしんどい。真の競争力を身に付け、新しい価値を提案する会社になることが海外サプライヤーへの対抗になる。

──実際に海外のサプライヤーに負けているのですか?