トヨタは軽量化のため、新型プリウスPHVのバックドア骨格材に三菱ケミカルのCFRPを採用した

トヨタ自動車が2月に販売を開始した新型「プリウスPHV」。次世代環境車の大本命とトヨタが位置づける戦略車種だが、そのバックドアの骨格材(上写真)には三菱ケミカルの先端素材技術が使われている。旧三菱レイヨンが手掛けてきた炭素繊維複合材(CFRP)だ。

軽さと強度に優れたCFRPはすでに最新鋭旅客機のメイン構造部材にも使われているが、自動車での採用はごく一部の高級車に限られていた。部品の形に整えてから炉で焼き固めるなど、自動車メーカーにとっては成形・加工に手間がかかりすぎ、コスト的に難しかったからだ。今回の新型プリウスPHVは、CFRPを本格採用した初の普及車になる。