負のイメージが先行しすぎ、本当の姿を知ってほしい

ローソンはシニア活用を目的に、加盟店オーナーの年齢上限を撤廃した。新規オーナーやアルバイトの不足解消と国内での出店加速をどう両立させるのか。

ローソン社長 竹増貞信
たけます・さだのぶ●1969年生まれ。93年三菱商事入社。広報や社長業務秘書を経て、2014年にローソン副社長となり、海外事業やエンターテインメント事業などを管掌。16年6月から現職。(撮影:尾形文繁)

──今後2年で2000店の店舗純増を計画しており、2018年度に国内1万5000店体制となる。

現在、日本は4人に1人が65歳以上で、25年には3人に1人が高齢者になるといわれている。しかも今後、核家族化が進んでいく。そうなると、車を運転して遠い所で買い物することは時代に合わなくなる。必要なものが毎日そろうコンビニエンスストアのニーズはもっと増えるだろう。

──新規の加盟店オーナー獲得の状況は。