3月26日に香港のトップである行政長官を決める選挙があった。中国政府が支持する前政務官の林鄭月娥(キャリー・ラム)氏が当選し、初めて女性のトップが誕生した。ただこのニュースを大きく取り上げた日本のマスコミはほとんどなかった。

日本では香港の重要性がどんどん薄れているようだ。長年、香港に駐在している日本人と会ったが、昔に比べて中国本土を語れる駐在員が少なくなったと嘆いていた。

1980年代から90年代にかけて、中国本土でビジネスをするとなれば、香港は起点になる場所だった。多くの駐在員が香港と本土を行き来し、情報を持ち帰るのが重要な任務だった。だが、現在の駐在員の仕事は現地に限定されることが多くなった。そのため、中国本土についてほとんど話題に上らないという。