[記事のポイント]

(1) FC業界では、2ケタ以上の店舗数を抱え、億円単位の売上高がある法人加盟店を、一般に「メガフランチャイジー」と呼ぶ

(2) ケンタッキーなど95店舗を経営するタニザワフーズの谷澤憲良社長はいま、「量的成長から質的成長への転換」を経営方針に掲げる

(3) ダスキンの最大手加盟店で東証1部上場のナック。名誉会長の西山由之氏は、コインランドリーを手掛けるFC本部を立ち上げた

 

タニザワフーズ 社長 谷澤憲良
「法人加盟店には外食FCが最適」

「外食産業の成長がいちばん著しかったとき、われわれもその成長に乗って業績を拡大できた」

そう振り返るのは、愛知県岡崎市を拠点に複数の外食チェーンの加盟店を経営する、タニザワフーズの谷澤憲良社長だ。ケンタッキーフライドチキンや吉野家、サーティワンアイスクリームなど、現在九つの外食チェーンの法人加盟店として、各社のフランチャイズ(FC)展開の一翼を担っている。

たにざわ・のりよし●1969年に谷澤ニット商事(現タニザワフーズ)に入社。FC事業への転換を担う。92年に社長就任。(撮影:今井康一)

「メガフランチャイジー」──。FC業界では2ケタ以上の店舗数を抱え、億単位の売上高がある法人加盟店のことを一般的にそう呼ぶ。

「FCオーナーといえば脱サラした個人が注目されることが多いが、実は市場を支えているのは法人のメガフランチャイジー。正確な統計はないが、肌感覚ではおそらく全体のFC店舗数の約半分は法人によるものだろう」。フランチャイズブレイン代表の伊藤恭氏はそう分析する。