わが国におけるネット生命保険の先駆けとなった、ライフネット生命保険の出口治明氏がこの6月をもって会長職を退く。

既存の生保大手にはない、安価な保険料とシンプルな商品を提案し、2008年の開業当初、消費者の高い支持を集めた。しかし、ここ数年の伸び率は停滞ぎみだ。退任の意図と今後のネット生保の課題について、出口氏に聞いた。

でぐち・はるあき●1948年生まれ。京都大学卒。72年日本生命保険入社。2008年ライフネット生命開業。著書多数。(撮影:今井康一)

──なぜ今、退任するのか。

この4月に69歳になる。同時に30代の新任役員二人を登用する。二人の年齢を足すとほぼ僕の年齢。古稀の人間が一人退き、これからどんどん脂が乗っていく30代の人間二人に託すほうが、「この会社は楽しみだな」とライフネットに加入される皆さんも安心する。

──業績は伸び悩んでいる。

生命保険はものすごく息の長いビジネスだ。マラソンでいえば、今は400メートルのトラックを走り終えて一般道に出たくらい。2社から始まったネット生保は10社まで増えた。消費者へのアンケート調査を見ても、将来ネット経由で加入したいという消費者が約1割いる。国内生保の保険料収入が約40兆円で、1割でも4兆円。ネット生保は現状200億〜300億円だが、いずれ数兆円単位のマーケットになると確信している。