JR化初年1987年度、JR各社は政府の試算に比べて大幅な増収増益と順調なスタートを切った。特にJR東日本の営業収益は930億円増の1兆5657億円、JR東海は489億円増の8746億円となった。ただしJR西日本だけは、政府試算を106億円下回る7632億円にとどまった。

87年はバブル真っただ中で日本経済が熱かった時代であった。都市と地方の格差是正のためにいわゆる「リゾート法」が制定され、大規模なリゾート開発が日本全国でブームとなった。国鉄も石勝線沿線のトマムリゾート、サホロリゾートとタイアップして、リゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」を運行している。

翌年には青函トンネルが完成してJR北海道が海峡線を開業、瀬戸大橋も完成してJR西日本とJR四国は本四備讃線の運行を開始した。

このような社会経済的な条件がJR各社の立ち上がりを後押しした。それまで暗いイメージだった国鉄の解体でJRが発足するということ自体も、好材料となった。

ただ同じ時期に、日本各地で高速道路の延伸が相次いだ。中国縦貫道の全線が開業し、山陽自動車道の建設が続いていた。またそれまで高速道路がなかった四国に、瀬戸大橋が完成して四国各県を十字に結ぶ四国縦貫道と四国横断道の整備が進められた。九州でも同じように、九州横断道と九州縦貫道が建設された。こうした高速道路延伸の影響をいち早く受けたのがJR西日本であった。

分割・民営化で一変、赤字国鉄から黒字JRに