東海道新幹線・東京─新大阪間の所要時間は2時間22分だが、1987年、JR東海発足当時の所要時間は2時間52分だった。一足飛びで30分も短縮したのではない。88年、92年、2007年、15年と、30年間で4度の時間短縮を行った結果である。その陰には利用者から決して見えない数多くの努力の積み重ねがある。JR東海の柘植康英社長がその一端を明かした。

東海旅客鉄道(JR東海)社長 柘植康英
つげ・こうえい●1953年岐阜県生まれ。77年東京大学経済学部卒業後、国鉄入社。87年JR東海入社。総務部長、人事部長、秘書部長、副社長などを経て、2014年から現職。(撮影:梅谷秀司)

──30年間で最も重要な出来事は?

14年10月にリニア中央新幹線(リニア)着工が認可されたことです。大地震で東海道が寸断されると大変なことになるので、この大動脈を二重系にするために新幹線のバイパス建設を急がなくてはいけない。「日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献する」が、当社の新たな経営理念。次の30年をにらんでという意味でも最も重要な出来事といっていい。

もう一つ挙げると、東海道新幹線・品川駅の開業(03年)です。「のぞみ」は1時間に10本走っていますが、かつては1時間に最大でも3本だった。全列車で時速270km運転が可能になり、品川駅開業を機に「のぞみ」中心のダイヤにした。スピードアップすると本数も増やせる。会社発足時の輸送力は1日231本だったが、品川開業を経て15年は358本と、輸送力が5割増になった。品川駅の建設費は約1000億円。開業後、東京・品川両駅の利用は約21万人から約23万人に増えました。これにより、1年間で収入が約500億円増えたことになり、建設費を2年で回収した非常に採算性の高いプロジェクトでした。

鉄道以外では、00年に全面開業した名古屋のJRセントラルタワーズ。連結子会社の売上高を単純合算すると89年度は526億円だが、15年度は5696億円。これを底支えしているのがセントラルタワーズです。オフィスはほぼ100%入居で、ジェイアール名古屋タカシマヤは松坂屋を抜き地域一番店になった。ホテルの稼働率も8割を超える。

2027年開業のリニア中央新幹線は過去30年、今後30年で最も重要だという

──会社発足当時に今日の姿を予見していましたか。

想像をはるかに超えていますよ。会社発足当初は事業計画すらなかった。「この先どうなるのだろう、3年置きに運賃を値上げしながらやっていくのかな」と不安に思っていた。国鉄時代は設備投資が十分にできず、名古屋駅も車両も古くてきれいではないし、社員の働きもお客様へのサービスもまだまだでした。

──30年間で最大の危機は?