統計を見ると、昔と比べて労働時間はかなり減ってきている。1970年代から80年代の年間総実労働時間は2100時間を超えていたが、最近は1800時間前後に減少している。さまざまな技術を導入し、少人数、…