『住友銀行秘史』『バブル 日本迷走の原点』『野村證券第2事業法人部』……。今、都心の書店を訪れて目にするのは「バブル本」コーナーの充実ぶりである。1980年代後半から数年間、この国をのみ込んだ熱狂が30年ぶりに人々を引き付けているのだ。その時代を生きた中高年ビジネスマンだけでなく、20〜30歳代の若い層も興味深そうに手に取っている。

30年ぶりに「バブル」が注目される理由はどこにあるのだろうか。

相次いで発売される書籍に関していえば、80年代に部課長クラスとしてビジネスの最前線に立っていた人たちが、今度は歴史の証人としてバブルを振り返る時期に来たことが大きい。

マハラジャ、ジュリアナ東京、ワンレン、ボディコン。この30年間、華やかなトレンド物語としてバブルが語られることは多かったが、カネをめぐる狂乱ぶりが生々しく描かれることは少なかった。

にわかにバブル期が注目される理由