伊漢通に残る開拓当時の民家。手前は水田だ。方正周辺は開拓団の影響で稲作が盛んだ

2006年に起きた、中国人妻によるインスリン殺人未遂事件を覚えているだろうか。犯人の鈴木詩織の出身地である方正は、中国東北地方の黒龍江省にある人口20万人の都市だ。人口13億8000万人の中国から見れば7000分の1。にもかかわらず在日中国人の約6%が方正の出身だ。方正の人口の約半数は、日本在住か日本滞在歴があるという。

方正へは黒龍江省の省都ハルビンから東に約180キロメートル、高速バスで2時間30分ほどの道のりだ。

街外れにあるバスターミナルから散歩してみると、個人商店の看板の右下に小さく日本語が書かれている。06年に、県政府が新規開業する商店の看板には日本語表記を義務づけたのだ。親日をアピールして日本からの投資などを期待したのだろうか。エステをⅠステと表記するなど、日本人としては突っ込みどころ満載だが……。