調べものの際にはインターネットですぐ検索。これが当たり前になって随分経つ。とはいえ本誌の読者には、ネットの情報が玉石混淆であることを痛感している人が多いのではないか。

簡単にアクセスできるがゆえに、また見やすく整えられているがゆえに、人はその内容を安易に信じがちだ。だが最近、虚偽の情報や信頼するには不十分な情報で埋め尽くされたキュレーションサイトが話題になったように、ネット情報の信頼性の乏しさが目につくようになった。

検索しても、企業なり団体なりがカネを払ったものが上位に来ることが少なくない。また、コピー・アンド・ペーストで作られた情報は、発信源がどこだろうと内容は似たり寄ったりになる。

そうした不満と危惧を感じている読者には、古くて新しい知の拠点を紹介したい。それが図書館である。