木製の床が特徴的なフォルクスワーゲンの独ドレスデン工場で、「eゴルフ」が生産される

「電気自動車(EV)で世界のマーケットリーダーになる」

2016年の新車販売台数が1030万台を記録し、トヨタ自動車を抜いて初の世界首位に立った独フォルクスワーゲン(VW)グループ。マティアス・ミュラー会長は3月14日の年次記者会見で、次世代のエコカーでもトップに立つことを宣言した。

同社は現在開発中のEV専用プラットホーム「MEB」をベースに、25年までに30車種以上のEVを投入。年間販売台数を200万~300万台に引き上げ、新車販売の25%をEVにする野心的な計画を掲げる。

[図表1]
拡大する

今後のEV戦略にとって試金石ともいえる車が、4月3日から出荷される。VWの看板車種「ゴルフ」をベースに開発した新型「eゴルフ」だ。

eゴルフ

初代の航続距離が1回の充電で190キロメートルだったのに対して、新型車は300キロメートルと大幅に伸びたことが特長だ。価格はドイツ国内で3万5900ユーロ(約430万円)。まず欧州と北米で発売し、日本でも今年後半に投入する。