東京・渋谷の2.5次元舞台専用劇場。開演前は20~30代の女性でにぎわう

現代のエンターテインメント産業において、ファンは消費者であると同時に、ビジネスを左右する厳しいパートナーでもある。ファンたちは既存メディアよりも赤裸々なレビューをSNSに投稿し、同好の士の評価を広告よりも信頼して、自身の選択に役立てるからだ。ポジティブであれネガティブであれ、ファンの声に真摯に耳を傾けることが、エンタメビジネスの成功の条件だろう。2.5次元舞台のファンは何に愛着を抱き、何に落胆しているのか。複数の女性ファンに本音を聞いた。

「初めて2.5次元を見たときは、衝撃と興奮で全身に鳥肌が立った」。そう目を輝かせるのは、神奈川県在住のユキナさん(25、本稿のファン名はすべて仮名)。5年ほど前にアニメ『BLEACH』の声優イベントに参加した際、この作品をロック調のミュージカルに仕立てた短いステージを会場で見たのだ。