神山健治氏が初監督した近未来SFのテレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)』は、国内外で評価が高く、アニメ史に残る金字塔的作品だ。その名作から15年、神山氏が新たに手掛けた劇場アニメ『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』は、SF色やファンタジー色を抑えたロードムービー。アニメ制作の第一線に立ってきた神山氏が、新作に込めた思いと、そして業界へのいらだちを赤裸々に語る。

かみやま・けんじ / 1966年生まれ。背景美術からキャリアをスタートさせ、2002年に監督デビュー。原作・脚本も手掛ける。

──『ひるね姫』の主人公は、倉敷に住む普通の女子高生。従来の神山作品とは一線を画す設定です。

東日本大震災後、アニメの見られ方が百八十度変わった。震災以前は世界が終わる終末思想的で非現実な作品がよかった。実際にはそんな日は来ないとみんな思っていたから。だが震災以降は、変わらない日常こそがファンタジーになってしまった。今はこれまでなら企画が通らなかった青春ものなどが好まれる一方、SFや壮大なファンタジーはあまり求められなくなっている。

ヒーローのあり方も変わった。『攻殻機動隊』の頃は、中道左派的な立ち位置のキャラクターがよかった。体制側の人間なのに一般人に味方をする、水戸黄門のようなキャラだ。でも今は個人が寄らば大樹の陰的な考え方をしていて、中道左派的なヒーローを求めなくなっている。ナショナリズムが台頭しているのもそのためだろう。正義がどこに立脚すべきかが見えない時代だ。

だから『ひるね姫』では、個人の思いにフォーカスした。SNSでも個人の独白が一番の娯楽だ。意外なことをぼそっと語ると、「こんなことを考えていたのか」と驚かれる。個人の思いのほうがファンタジーより楽しめるのだ。

──アニメのデジタル技術も進んでいます。『ひるね姫』では、どのように取り入れましたか。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP