コスモス薬品
狭い商圏を深掘り、「毎日低価格」で成長

小さな商圏に出店、食品中心の品ぞろえ。ドラッグストアというよりスーパー

コスモス薬品の勢いが止まらない。本社(福岡市)のある九州が地盤で、中国、四国、関西へと出店し、今は中部地方にまで広がっている。店舗網は791店舗(2月末時点)にまで拡大した。

売り場面積2000平方メートル(約600坪)のメガドラッグストア業態が主力だ。通常は採算が取りにくい1万人の小商圏に、自社競合を恐れず大型店舗を展開していくのが最大の特徴。ピンクやエメラルドグリーンで派手にペイントされた店舗外観は、九州の幹線道路沿いでは見慣れた風景になっている。

九州はディスカウント王国だ。所得水準が全国平均と比べて低く客の低価格志向が強いうえ、大型店を出店する際にハードルとなる土地価格も低い。そのため、トライアルやミスターマックス、ルミエール、ダイレックスなどの有力ディスカウント店がこの地で創業し、しのぎを削る。その中でも、コスモス薬品は九州一の売上高を誇る。

ピンクの外観は遠くからでも目立つ。調剤薬局は1店舗のみだ

毎日安いから客も安心して来店