来期の純利益が過去最高となる。そんな絶好調企業がどこかを『会社四季報』最新データを用いて探した。

上場企業を時価総額上位500社(大・中型株)と、501位以下(小型株)に分け、来期の純利益が過去最高をどれだけ更新するかでランキングした。ここでは、今期予想の純利益が最高益ならば、それも過去最高純利益として計算した。 

まずは大・中型株から見ていこう。1位は昨年7月に新規上場したLINEとなった。今や誰もが知るメッセンジャーアプリ運営の大手だ。2016年12月期は海外の音楽配信事業からの撤退費用がかさんだが、それまでの過去最高益(14年12月期の42億円)を倍近く上回る純利益となった。今期、来期ともに最高益更新が続く見込み。