株価を理論的に突き詰めると、その企業がいま資産をいくら持っていて、将来どれだけ稼いでくれるかの合計になる。つまり、企業の純資産(株主資本)と将来の利益を足し合わせればよい。ただし、将来の利益は先に行くほど不確定でリスクが大きいため、現在の価値にまで割り引く必要がある。

東洋経済では自社モデル式を用いて理論株価を算出している。ここでは、企業の現在の純資産として直近本決算のBPS(1株当たり純資産)を使用した。期待超過利益は、各期の予想EPS(1株利益)から、株主が会社に最低限期待する利益額を引いた額とした。東洋経済の業績予想や予想ROE(株主資本利益率)を基に算出している(下図)。今回は、東証1部とそれ以外(東証2部、ジャスダック、東証マザーズ、地方上場)に分け、(理論株価÷株価)を、「株価上昇余地」として、倍率が高い順にランキングした。

東証1部 上昇銘柄は?