サブプライムローン問題は米国だけではない。住宅やオフィスの価格が高騰した英国やスペインなどでも、今後、問題が深刻化する可能性は大きい。

「英国の住宅市場は減速過程に入った」と分析するのは、英国の住宅ローン会社ハリファクスのチーフ・エコノミスト、マーティン・エリス氏だ。同社が算出する英国住宅価格指数は、8月をピークに9月、10月と下落した。2カ月連続の下落は2005年4~5月以来2年5カ月ぶりのこと。前年同月比では上回っているものの、上昇率は確実に鈍化している。

また英国中央銀行(BOE)が発表した住宅ローンの月間承認件数も、06年秋の12万8000件をピークに減少に転じている。07年9月は前年同月比19.7%減と大幅な減少となった。住宅ローンの返済ができず差し押さえとなった件数も急増している。07年前半は前年同期比29.6%増の1万4000件に達した。