サブプライムローン問題を機に一気に収縮へと向かった金融市場。世界的なカネ余りで各国に生まれていた不動産バブルは、今後、はじけるのか。米国、欧州、日本、中国の不動産市況の行く末を分析・予測する。

米国の住宅価格の下落に歯止めがかからない。全米の住宅価格の騰落率を示すS&P/ケース・シラー住宅価格指数は、2007年4~6月期に前年同期比3・2%低下した。1987年の算出開始以来、最大の下げである。主要10都市を対象とする同月次指数の前年同月比は、今年1月に11年ぶりにマイナスに転落した。以後、7カ月下落が続いている。

この指数の開発者であると同時に、2000年春、著書『根拠なき熱狂』を出版し、ITバブルの崩壊をいち早く予言したバブル研究の第一人者、ロバート・J・シラー教授に、サブプライムローン問題の今後の影響について聞いた。

「米国の住宅価格の暴落は、大恐慌以来、最悪の事態に」

Robert J.Shiller / 1946年生まれ。金融経済学者。投機的バブルを分析した『根拠なき熱狂』(邦題)は全米ベストセラー。他、著書多数。米国の住宅価格動向を示す「S&P/ケース・シラー住宅価格指数」の共同開発者。9月には、連邦議会でサブプライムローン危機に関する証言を行った。

──住宅価格はどこまで下がると考えられますか。