サブプライムショックに襲われた8月の米国は、潤沢に流入していた海外からの投資マネーの逆流を招いた。米財務省発表の対米証券投資を見ると、ロシア・LTCM危機で揺れた1998年8月以来、9年ぶりの流出超(売り越し)に。マネーフローの動きからも、サブプライム問題が及ぼす歴史的な経済ショックの大きさが確認できる。

米国から退避した流出額(ネット)は706億ドル(7兆7660億円)。うち海外投資家の対米証券投資で361億ドル、米国投資家の海外証券投資で345億ドル。サブプライムショック前の6月はそれぞれ1217億ドル、218億ドルの流入超だったことを考えると、米国から海外への8月のリスク回避額は6月比1705億ドル(18兆7550億円)も巻き戻されたことになる。