危機は第3ステージ突入、新手の住宅ローンが発端

当初融資期間の金利優遇や証券化といった金融革新で、信用力が低い人向けのローンを拡大させたことが、問題の発端。証券化商品は転売がしづらく、時価が見えない怖さもあり、危機は一段と深刻化している。

終わりが見えそうで見えないサブプライムローン問題。危機は、現在、第3ステージに突入している。

第1ステージの始まりは今年2月末。1万8300円あった日経平均株価が1週間で9.7%暴落するなど、世界同時株安が起きたときだ。中国・上海株の急落が発端だが、1週間下げ続けたのは米国サブプライムローン問題が背景にあるからと、その存在が知られるようになった。その後、世界景気の拡大で各国株価は最高値圏へと再ブーストした。

だが、7月下旬から危機第2ステージへと突入。サブプライムローンを担保にした証券化商品にかかわる金融市場が変調したためだ。8月16日、米NYダウは前日比344ドル安(ザラ場ベース)まで突っ込んだ。

翌17日には米FRB(連邦準備制度理事会)が公定歩合を緊急利下げ。各国中央銀行も大量の流動性供給で応じた。9月18日には政策金利であるFFレートも0.5%引き下げ、NY株価は10月中旬、再び史上最高値を更新した。10月末にも0.25%の追加利下げをし、サブプライムローン問題は終焉に向かうとの楽観的な声も聞かれた。

しかし、危機は去らなかった。10月下旬から欧米の金融機関が相次いで大規模な損失を計上。前ページまでの記事にあるように、危機は第3ステージへと深化したのだ。

サブプライム危機の広がりは大きく、市場関係者の予想をはるかに超え、事態は一段と深刻化している。

サブプライムローンとは信用力の低い個人向け住宅ローンだ。信用力の高い“プライム”層向けではなく“サブ”プライム層向けのローンということだ(図表1‐1)。

個人の信用力はFICO(ファイコ)スコアで測られている。返済履歴、借入金総額、返済期間などから、フェア・アイザックという民間の会社が算出しているのだ。ローン会社の多くはこの点数を基に借り手を区別し、金利など貸し出し条件を決めている。FICOスコアの米国での中央値は723点。620点以下の人へのローンが一般的にサブプライムローンといわれる。

信用力の低い人向けのローンだから、当然、金利は高くなるはず。ところが、最初の数年間は金利を極端に低くするARM(変動金利型住宅ローン)などを開発、信用力や所得が低くても借りやすくした。サブプライムローン残高は1.3兆ドル(約140兆円)と住宅ローン残高約10兆ドルの1割強を占めるまでに拡大した(2006年末時点)。

07年に入り米国住宅価格が下落に転じたことなどから返済の滞る人が増え(図表2‐1)、サブプライムローン問題が発生した。

米国版「ゆとり返済」信用低くても低金利の謎